【初心者向け】ブログ歴1か月の僕が思うブログの書き方

どうもこんにちは!初心者ブロガーのけーすけ(@tropwen24)です!

今回はブログ初心者の僕が、偉そうにブログの書き方について語ります。

あなたもブログの書き方について悩むことがあれば、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

書きたいものだけ書く

まず、あなたが仕事でブログを書いているのではない限り、ブログというものは「書かなきゃいけないから書く」ものではありません。

僕たちは趣味としてのブログをやっているはずですよね?

趣味であるならば「書きたいから書く」を原動力にした方が、確実に良い記事が書けると思っております。(もちろん仕事もやりたいことをやれればベストですが)

良くある「義務化」をするとやる気を無くすパターンですよね。

それで、記事のクオリティが下がってしまうと。

実際この記事を書く前は他の記事を書いていたんですが、この記事の方が書きたいなーって思って乗り換えました。笑

そういう書きかけの記事は、そのままボツになったり、もう一回再燃して書き出して上げたりします。

ここしばらく、検索順位や見られる事を意識しすぎて、書きたくないものを「書かなきゃいけない」と思い込み迷走していました。

しかし、気づいちゃったんです。

無理に書く必要はないし

そもそも、そんなの俺のやりたい事じゃねえ!

一時の悩みなんて過ぎ去れば小さなものです。

体験したものじゃないと全力で書けない

そして、体験してもいない事を無理して書く必要ありません。

というかそんなものどこにも需要はありませんし、なにより書いていて楽しくなーい!

たまにそういうブログを見つけますが、一体何のためにブログをやっているのか、意味がわかりませんよね。

そしてこのブログスタンスとして、その記事を書く時に出せる全力で、記事を書くというのがあります。

だから全力を出せない「未体験」なものを書いていても無意味なんです!

そんな記事が100記事あろうが200記事あろうが、全力で書いた1つの記事には勝てません。

まあ、ブログは勝ち負けではないんだけどね。

その上で読者への思いやりが必要

そしてその上で読者への配慮が必要だと思います。

最初から「思いやり」だけを優先してしまうと、何も書けなくなってしまいます。

書きたいものを決めてとりあえず書いてみる。

そこから、その記事がどうしたら読みやすくなるのか?どうしたらたくさんの人に読んでもらえるのか?という風に考えていけばいいのだと考えておりますです。

内容がどんなによかろうと、やはり読みにくければ誰も読まないでしょうし。

というか僕は読みにくいブログには二度と訪れません。

まあこれも個人の物差しがありますし、正解はないと思いますがね。

クオリティを求めすぎない

これは俗に言う「守り」に入ってる状態ですね。

書きたいことがあるのにも関わらず、それまでに書いた記事のクオリティを守りたくて、ありのままをさらけ出せないんです。

仕事にも通ずると思いますが、大きな案件を成功させて、その後に任される仕事に対して保守的になることがあります。

こんな時は、昨日までの成功も失敗もすべて過去のものと割り切ったほうがいいんです。過去の栄光にはすがらないように、過去の失敗にもこだわらないようにですね。

結局のところその時その時で「全力」の度合いは違うはずなので、記事の出来も様々でしょう。だからそんな細かいところばかり気にしすぎても仕方ないと思います。

「木を見て森を見ず」という状態になってはダメということだす。

迷わず書けよ、書けばわかるさ!←

狙いすぎずありのままに

日々の中でひたすら頭をひねって考え出したネタを記事にしたことって、あなたもありませんか?これ受けんじゃね?って

でもそういう時の記事って、思いのほか受けずに終わっちゃうんですよね。

たぶん、読者は肩ひじ張らずに読みたいし、書き手もゆるーく書いた方が良いジャンルってあると思うんですよ。

特にこんな雑記ブログなんて肩ひじ張って「よーし!今から読むぞー!(真顔」って読むものじゃないと思うんですよね。

きっと「お?なんだこれ?面白そうだな。ふーんなるほどねー(尻ポリポリ」って軽いノリで読む人の方が多いでしょう。

なんていうかそういうカッチリしたブログは専門的なサイトとかに任せたいです。でも、その記事内で説明しなきゃならない部分とかはしっかり勉強して書きますけどね。思いやりですね。はい

雑記ブログはそういう専門的なことよりも、ありのままで、さらけ出した文章をいいね!してくれる人を見つけられるところが面白いんじゃないですか?

気に入らないならリライト

まあ、ありのままをさらけ出したとしても後から見直してみると、「なんじゃこれ?」ってなる部分が出てくると思うんですよ。

そういう記事を客観的に見つけて、時々書き直したり追記したりすればいいんですよ。

そうやって積み重ねていくと、その記事の情報量は半端じゃないものになっていくはずです。それこそ検索順位で1位のブログにも負けないくらい。

冒頭で

検索順位や見られる事を意識しすぎて、書きたくないものを「書かなきゃいけない」と思い込み迷走していました。

こう言いましたよね?

本当ならば「結果的に」検索順位が上がっていくところを、記事の作成の初期段階で考えていても仕方がないんですよ。

かの有名なブログ「今日はヒトデ祭りだぞ!」のヒトデさんも同じようなことを言ってますので、ぜひ目を通してみてください。

てか俺が言うより説得力があるよね←

レールの上からこんにちは。☆←ヒトデです というわけでサラリーマンをしながら月間100万PV達成しました www.hitode-festival.com うだうだしてるうちに11月になってしまいましたが、7月全体でも100万PV、8月は落ちて90万PVでしたが、9月10月は100万PVに戻りました(10月は120万PV…

まとめ

今回は初めてこういう記事を書いてみました。

なんか別に誰も読んでくれなくていいや」くらいのノリで書けたのも初めてかもしれません。

とりあえずブログを始めて1か月が過ぎ、いろんなブログを見る側から、見られる側へと変わったわけで。

そんな僕が「今はブログについてこう思っているよ!」っていうのを残したかったんだと思います。

だからあなたも迷う前に、とりあえず書きましょう!

考えるのはそれからでも遅くないと思いますよ。

あ、そういえばYOGA BOOK買いました

【700gタブレットPC】YOGABOOKで楽々ハッピーライフ!
※追記あり どうもこんにちは!ブログ初心者のけーすけ(@tropwen24)です! 今日は前々から欲しかった、タブレットPC(2in1)…

それではっ!

スポンサーリンク
【初心者向け】ブログ歴1か月の僕が思うブログの書き方
この記事をお届けした
七転び二起きな人生ログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする